分类
外汇入门教程

外汇保证金交易 原理

小林coding ​

分析機器情報

X線回折装置は、試料にX線を照射した際、X線が原子の周りにある電子によって散乱、干渉した結果起こる回折を解析することを測定原理としています。
この回折情報を用いることにより、粉末試料では、構成成分の同定や定量、結晶サイズや結晶化度、単結晶試料では、分子の三次元構造、加工材料試料では、残留応力や内在する歪み、蒸着薄膜では、密度や結晶性、結晶軸の方向や周期、小角散乱測定では、ナノスケールの粒子の大きさや形状・粒径分布を知ることができます。また、対象試料も多岐にわたり、無機・有機物質の粉末、高分子材料、タンパク質、金属部品、有機・無機薄膜半導体、エピタキシャル膜、コロイド粒子などが測定可能です。
本編では、X線回折装置の測定原理、主として粉末X線回折法を紹介し、健康被害で話題となったアスベストの分析例を示して、X線回折装置の原理と応用を解説致します。

1.はじめに

X線回折法は物質の状態や物性を調べる手段として、研究や生産の分野で広く利用されています。X線回折法による分析は、ある特定の物質がその物性を表す最小単位である分子・原子レベルの構造に基づいている点が、最大の特徴です。これはX 線回折に用いられる波長が0.外汇保证金交易 原理 5~3.0Å程度であるため、同程度の距離にある電子によって散乱されたX線が干渉した結果、回折が起こることに由来します。
X線回折法には、試料の状態や測定目的に応じた特徴的な手法が多数あり、その利用方法も多岐にわたります。大きく分けても、粉末X線回折、単結晶X線回折、残留応力解析、薄膜解析、X線小角散乱などがあります。粉末X線回折から得られる情報には、構成成分の同定や定量、結晶子サイズや結晶化度などがあります。単結晶X線回折では、もっぱら分子の三次元構造の決定が最終目的となります。残留応力解析では、曲げや溶接・研削などの加工により生じた、材料に内在する歪みを明らかにすることができます。薄膜解析では基盤上に蒸着した薄膜の密度や結晶性、結晶軸の方向や周期を調べることができます。またX線小角散乱では、ナノスケールの粒子の大きさや形状・粒系分布を知ることができます。各測定手法の対象となる物質も広範にわたるため、いわゆるX線回折法の分析対称となる物質は挙げれば際限がありません。無機物質や有機物質の粉末、高分子材料、タンパク質、金属部品、有機・無機薄膜半導体、エピタキシャル膜、コロイド粒子など、研究対象である新規物質から、身の回りにある材料まで、ほとんどの物質が分析対象であると言っても過言ではありません。本稿ではX線回折法の原理と、最も汎用性の高い粉末X線回折法における定性分析の応用例を紹介します。

2.X線回折法の原理

原子が規則正しく配列している物質に、原子の間隔と同程度の波長(0.5Å~3Å)を持つX線が入射すると、各原子に所属する電子によりX線が散乱されます。散乱したX線は干渉し合い、特定の方向で強め合います。これがX線の回折現象です。ラウエがX線の回折現象を発見した翌年、1913 年にブラッグ父子はいわゆるブラッグの式を発表し、X線回折が起こる条件を理論的に明らかにしました(図1)。図1では第一格子面で散乱されるX線と、第二格子面で散乱されるX線の行路差は、一般に2d sinθになります。ここでd は格子面間隔、θはブラッグ角、2θは回折角(入射X線方向と回折X線方向とのなす角度)です。この行路差が入射X線の波長(λ)の整数(n)倍のとき、山と山が重なり強め合います。即ち、2d sinθ=nλを満たす方向でのみ回折X線が観測されます。これをブラッグの式といいます。この式からわかるように、既知波長λの入射X線を物質に入射し、回折角2θとそのX線強度を測定することによって、X線回折パターンを得ることができるのです。

原理原則とは?ビジネスと人生で迷いがなくなる唯一不変の戦略

ーー
今までのアイツは運まかせのサイコロ振りさ
6回 振れば
1回は1が出るはずとただ漠然と1の目を待つサイコロ振りさ
たとえ 100回連続で違う目が出ても
『100回 続けて1が出なかったんだから次こそは必ず1が出る』
と言いながらやっぱり サイを振るサイコロ振りさ
だが 勝負とはそういうものじゃない
100回 1が出なかったら
サイコロのイカサマを疑うべきなのだ
そして100の負けを取り返すために
自分に有利なイカサマサイコロとすりかえるべきなのだ…
それが勝負の世界
自分が動かなければ何も変わらない
動けば必ず 何かが変わる
by漫画ワンナウツ
ーー

原理原則を知らないということはここでいう
「サイコロ振り」な訳です。

・この物事を成り立たせるためにどんな性質が働いているのか?
・そのためにはどんな規則性に従うことが有効なのか?

计算机组成及原理的书籍有哪些推荐?

小林coding ​

计组 - 入门学习

计算机科学速成课

先极力推荐 b 站的《计算机科学速成课》,这个课程是国外录制的,内容真的是好,视频的动画很精美,讲课的时候不会很死板,反正就是不看后悔、相见很晚系列。

对于入门计算机组成,可以先看前 10 个视频,看完这 10 个视频也就不到 2 个小时,看完前 10 个视频对计算机的工作方式就有一个基本的了解了。

看完前 10 个视频就可以开始看书了。

《计算机是怎么样跑起来》和《程序是怎么跑起来的》

但是这样很容易让初学者迷失在里头,可能刚兴致勃勃看几十页就放弃了,于是这些厚的不行的书就成为了你们的垫书神器知识没学多少,颈椎病倒是治好了。

对于初学者,我推荐两本书《计算机是怎么样跑起来》和《程序是怎么跑起来的》,这两本很薄而且图文并茂,作者都是用大白话的方式来阐述知识,这点对初学者非常友好。

这两本不用 1 个月就能看完,因为在看这两本书的时候,你会看的很顺畅,相比学习的心态,你更多的是会带着「好奇心」的心态去读。

其中《程序是怎么跑起来的》是一个「微缩版本」的计算机组成原理,你可以只选择看这一本。

《编码》

编码:隐匿在计算机软硬件背后的语言》这本书也很不错,是本科普类的书,非常适合非科班的同学。

计组 - 深入学习

《计算机组成与设计:硬件 / 软件接口》

想要深入学习计算机组成原理的同学,我首先推荐《计算机组成与设计:硬件 / 软件接口》这本书,

这本书确实很厚,差不多 500 多页,但是书从来没有人规定一定要从头读到尾,一页页的读的。重要的不是看完一本书,而是从书上学到多少,解决了什么问题。

  • 第一章:计算机抽象以及相关技术,这个章节主要是介绍了计算机组成的思想,可以简单快读看,不用重点读;
  • 第二章:指令,大体上讲的是计算机是如果识别和运行指令的,以及代码到指令的过程;
  • 第三章:计算机的算数运算,介绍的是计算机是如何进行加减乘除法的,以及浮点数的运算;
  • 第五章:层次化存储,讲的是计算机的存储层次结构,而且重点讲的是 CPU Cahe。

计算机组成原理视频课程

看书觉得很累,也可以结合视频一起看,这里推荐哈工大的《计算机组成原理》视频,在 b 站就可以直接看,大家自己去搜索就可以。

你要是觉得哈工大的计组课程太难,你可以看王道考研的计算机组成原理的视频课程,同样 b 站就可以看。

《深入理解计算系统》

另外,在推荐一本《深入理解计算系统》这本书,人称 CSAPP。

CSAPP 涵盖的内容非常多,有计算机组成 + 操作系统 + 汇编 + C语言 + Linux系统编程,涉猎的领域比较多,是一本综合性的书,更是一本程序员修炼内功的指引书。

  • 信息表示(如何使用二进制表示整型、浮点数等);
  • C 和汇编语言的学习(通过汇编语言更深入地理解C语言是什么);
  • 计算机体系结构(存储层次结构、局部性原理、处理器体系结构);
  • 编译链接(C语言如何从文本变成可执行文件、静态链接、动态链接);
  • 操作系统的使用(异常控制流、虚拟内存、多个系统调用介绍);
  • 网络及并发编程(并发的基本概念、网络相关的系统调用的介绍)。

你会发现有部分内容和《计算机组成与设计:硬件 / 软件接口》这本书重合了,重合的部分就是重中之重的计算机组成原理知识了,而且内容都是差不多的,你可以看完一本书的内容,然后跳到另外一本看相同章节的内容,多本书的结合可以让我们更加容易理解。

  • 《计算机组成与设计:硬件 / 软件接口》讲的指令格式是 RISC 的;
  • 《深入理解计算系统》讲的指令格式是 x86 的;

CSAPP 的视频课程是国外老师录制的,但是在 b 站已经有好人帮我们做了中文字幕,看了这视频,相当于在国外上了一门计算机课的感觉。

如果你是在校生,有了一定 C 语言基础后,非常建议你就开始看这本书,有精力也可以做做 CSAPP 的 lab。越早开始看,你的收益就越大,因为当计算机体系搭建起来后,你后面再深入每一个课程的时候,你会发现学起来会比较轻松些。

网站内容共 1000 张图 + 50 万字,网站宗旨让天下没有难懂的八股文!(口嗨一下,大家不要当真),网站地址( https:// xiaolincoding.com ):